超音波診断装置
超音波診断装置

超音波診断装置

  • 超音波についてノートまとめ
  • 特許の読み「超音波診断装置」JP5692083B2
  • 橋元の物理75 オームの法則
超音波を発信する方法について詳しく学習するというよりも、圧電素子(振動子)の復習となりました。圧力センサーやインクジェットプリンターで出てきた圧電素子が、超音波診断装置の超音波発信部にも出てきました。だんだん圧電素子(ピエゾ素子)の使われ方がわかってきました。現在、音波の発信方法の部分での理解がいまいちです。波の発信を遅らせて焦点にフォーカスするという考えはわかったが、”波を圧縮する”という考えについていまいちです。できるだけ波長を短くしたいのだろうけれど、パルスインバージョンという難しい用語が出てきました。調べてもなかなか理解できない。なぜ理解できないのか、、考えて、分析、そして調べる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です