油脂のけん化
油脂のけん化

油脂のけん化

けん化とは、加水分解の一種で、塩基で加水分解することである。

油脂(エステル)の生成は、3価のアルコールであるグリセリンと高級脂肪酸(一般にCが6個以上の鎖状カルボン酸)が反応してできる。この反応の過程でアルコールのOH基から分離したH+と高級脂肪酸のOHがくっつき水がとれる。

その可逆反応が加水分解である。

 油脂(エステル)水 H2O ➡ 高級脂肪酸 アルコール(グリセリン)

けん化は 水 H2Oのかわりに塩基 NaOHと反応させて酸の塩(脂肪酸塩)を生成すること。

 油脂(エステル) NaOH ➡ 酸の塩 3RCOONa アルコール(グリセリン)

この生成した脂肪酸塩がいわゆるせっけんである。せっけんは界面活性剤の一種で、油に溶けやすい親油性と、水に溶けやすい親水性の両方の性質をもっている。同じような性質に、マヨネーズや乳化物(水と油が均一にあざりあったもの)がある。牛乳が乳化物なら生クリームもそうだろうか。

アルコールにも似たような性質があったような。

界面活性剤は興味深いので、もう少し深く調べてみたい。油と水に親しむ性質で油(汚れ)が落ちる仕組みは面白い。さっそく洗濯用洗剤の成分を見てみると、界面活性剤非イオン、アルコール他…と書いてある。

[学習課題]

★酸化還元の復習、塩の種類

★界面活性剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です