断熱膨張、熱効率、波
断熱膨張、熱効率、波

断熱膨張、熱効率、波

橋元の物理56~59

熱サイクルの逆、冷凍サイクルと断熱膨張について学習。断熱膨張を利用した冷凍サイクルについて、まだ条件反射で頭が動いてくれないので少し整理してみます。

外から熱を与えないで体積を膨張させる(内部エネルギーが使われる)→分子の衝突が減り、分子運動が穏やかになる→熱エネルギーが減少する→温度がさがる→気体に含まれる水蒸気が水滴になる→低圧なので低い温度で水分が蒸発する→周囲から熱を奪って反応(気化)→気化熱→空調利用(冷却される)→暖かい空気(室内)が取り込まれる→圧縮(凝縮)→熱を室外へ放出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です