マルコフニコフ則
マルコフニコフ則

マルコフニコフ則

有機化学において、二重結合への付加反応の主生物を推測する為の経験則のこと。

アルケン(二重結合をもつ炭化水素)の二重結合にハロゲン化水素HX(X=Cl、Br、I)や水(H2O)が付加する際に、”より水素が多くついている炭素原子にプロトン(H+)が結合し、より置換基が多くついている炭素原子にXが結合した生成物が主成分として得られる”こと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です