ペプチド結合72、演習問題73、74
ペプチド結合72、演習問題73、74

ペプチド結合72、演習問題73、74

たんぱく質の構造はとても複雑で興味深い。

アミノ酸同士が縮重合し、ペプチド結合ができる。

さらに、アミノ酸のN-HとOが水素結合を成し、より安定した状態になっている。

画像を検索すると、水素結合にも複数の構造があることがわかる。右旋回の螺旋構造や、シート構造、三次元構造もある。見るほどに美しい構造だなぁ、と感じる。

たんぱく質は水に溶けるのだろうか?

構造によって水に溶けるタンパク質と溶けないタンパク質があるらしい。球状タンパク質は疎水性部分が内側に入り、極性部分が外側に露出して、水と水素結合を形成する。一方、線状のタンパク質は、水に溶けない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です